FC2ブログ

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fête de la Musique, Geneve

2012.06.28 *Thu*
晴天続きのジュネーブから5日ぶりに戻ってみると、パリはやっと少し
夏らしくなっていました。

毎年、週末三日間行われるジュネーブの音楽祭では朝から夜中まで街が音楽で溢れています。
あらゆる広場にアップライトピアノが置かれ、自由に弾いて良かったり
ホール、劇場、公園でもコンサートやライブが目白押し!

大好きな学校も少しおしゃれにライトが。って分からない程度ですね…



R0017601_convert_20120628061411.jpg



今回はDuo Lyriqueのヴァイオリニスト、マドカちゃんとストラヴィンスキーのイタリア組曲を
弾いてきました。7月の日本でのコンサートに向けて取り組み始めた曲です。
久々に聴くアイカタの音はいつものように上品、芯が通っていて聴き惚れちゃうほど
一番近くで聴ける私は幸せ者です

肝心の本番は…暴走しました

初披露にしてはスリル満点な曲でしたが、リハーサルでの約束事はどこへやら
快調に飛ばしてしまったのは24時開始という時間のせいもあったのでしょうか。
反応はとても好評だったのですが。
応援しに来てくれた音楽家たちが曲に興味を持ってくれて、おもしろかったと喜んでくれました。
暴走しても、イタリア組曲の魅力、キャラクターは伝わっていたようでホッと一安心。
今回の経験を踏まえての7月のコンサート。なぜだか前向きに考えられるような気がします。

それにしても一晩でオーケストラ、デュオ、トリオと3つのコンサートをこなしたアイカタ、
その集中力にブラボー!でした。


R0017615_convert_20120628061640.jpg



終わったあとは午前1時に公園で打ち上げのビール!
学校の目の前にあるバスティオン公園、ライトアップがアートでした。


R0017642_convert_20120628055934.jpg


翌日も7月のコンサートの合わせ、シマノフスキの変拍子をみっちり。
私にとってシマノフスキは未知の作曲家。神秘的かつ大胆な動き。
二人の音がどう融合していくのか、今度の合わせも楽しみです


合わせと練習の合間にレマン湖畔で夕陽に照らされるアルプスを見ることもできました。
多分モンブラン…です。

R0017650_convert_20120628060529.jpg


ジュネーブ滞在の最後には先生宅にて最後のレッスン。
いつものように細かかったけれど、”些細なことが大事に至ることもある”と
言われた一言が心に残っています。とっても先生らしくて。
次は日本でね!と強引に告げてお別れしました。

大好きな友人達、大好きな学校のホールと天井の高い練習室、美しい自然、人の優しさ…
音楽以外のこともたくさん学んだ数年間。
どんな思い出も褪せないように箱にしまっておけたらいいのに。

とにかく大好きです。Viva ジュネーブ!!







スポンサーサイト
| 未分類 |

COMMENT

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

wotaki

Author:wotaki
桐朋学園大学、研究科を経て
ジュネーヴ高等音楽院を卒業。
現在、東京都在住。
性格はのほほんとしているようです。
ウェブサイト
http://www.shirakawataki.com



コンサート情報

2018年5月5日(祝)           13:00-13;30               ラフォルジュルネ 新丸ビル三階                                                                        



最新記事



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



月別アーカイブ



rain shininig



リンク



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ピアニスト 白川多紀のとおり道 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: HELIUM ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。